苦節?年 キーエンス 単元株になりました

キーエンスですが、11/20が基準日ということで、本日から分割後の株数、株価ということになります。

 

これは大和の口座ですが、単元株の100株が「独立」し、単元未満株は累積投資の口座に残る形になっています。

「苦節」とか書いてますが、実際は単に数年間、累積投資で毎月1万円買っていただけのことで、累積投資をやめた後はそれを放置していただけです。なので、なんの苦労もなく、印象としては「勝手」に株価の方が上昇してくれましたという感じです。形としては積み立て&バイ・アンド・ホールドということになりますか。

個別銘柄の時価評価損益としては、ここは多分、リログループに続いて2位です。3位はきちんと確認していませんが多分、香港株の万科企業かと思います。

積み立てNISAというのは対象は投信だけですか。なんか最近は個別銘柄の累積投資というのは下火という印象がありますが、コストが安ければ、数銘柄に分散しての累積投資というのも悪くもないと思いますが。

今日のマーケットの方は、日本株は微増、REITは微減というあたりで、とりあえずこのままでいけば高値更新、但し、+1,000万には届かずというあたりです。大引けでどうなりますか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です