読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

図書館本。

アマゾンのコメントを見ていると賛否両論のようですが、個人的には十分楽しめました。「文章術」というよりエッセイという感じです。

「そりゃそうね」的なところも多く、私はここで、書名のとおり「読みたいことを、書」いていきたいと思います。ただ、調べるというあたりのことを徹底してやるのは、実は相当に面倒で大変な場合もあるだろうとは思いました。

私にとって読みたいことは、とりあえずは自分の記録です。あとで記録が見られるとあれこれ有用なもので。

それは自分の日記ででもしておけばいいと言われればそのとおりですが、実際にあったこと、思ったことをかなりそのまま書いているので、たまに同じようなことをしている、考えている人からは参考になったと言われることもあります。そういう意味でネット上にこれをおいておくのも、場合によってはそれなりに自分以外の人にも有用な場合はあるかなと思っています。

まあ、基本的に昔から雑文を書くのは苦にならないもので。美文麗文とか凝った文章というのは無理ですが、しゃべるみたいに書いているので、特にこれが苦になるようなことはありませんので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です