7813プラッツ VSパラマウントベッド 控訴の提起

7813プラッツ VSパラマウントベッド 控訴の提起

んー、障害で売買停止ですか。信用の決済注文を出しているのですが・・・。

介護用ベッドなどの7813プラッツです。

控訴の提起に関するお知らせ

特許侵害で訴えられていて、判決が出たのですが、控訴ですね。判決関係はこちら。

「3億8122万2226円及び各時期から年5分の割合による遅延損害金」というのは金額としては大きいなという印象。ただ、現行の製品の販売等への影響はなし。

昨日ですが、IRにちょっと聞いてみました。

裁判関係のことは係争中ということもあって具体的なコメントはありません。ただ、現行製品の販売と今回の裁判は無関係というのは確認しました。裁判は基本的には「過去のこと」という印象ですが、金銭的なことがどうなるかという点は懸念材料ではあります。また、色々と配慮していても、特許関係では似たようなことがないとも言い切れません。

他のことですが、ベトナムでの製造は、ベトナムそのものがコロナウィルス肺炎の影響が軽めなこともあり、製造には影響なし。

中国市場の動向についても聞いてみましたが、足下ではコロナ前に近い状態になっているということのようです。

中国市場は都市部の介護施設や一部の都市で福祉用具レンタル制度が試験的に開始されていることなどもありレンタル業者がターゲット。販売方法は子会社を通じての直販と代理店活用の両方があるようですが、代理店活用の割合が多いということでした。

病院ベッドにつきましては医療認証が必要になるなど相応の体制整備が必要ということで、病院ベッド販売に向けての体制整備が主要な課題ということでした。

中長期的には、国内で堅く稼ぎ、海外市場を大きく伸ばしてほしいですね。まあ、長い目でのんびりと見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です