自分のマインドを自在に操る超投資法 最新のメンタリズムで分かった「失敗しない」お金の増やし方

 

図書館本。

トレードやインベストメントにおいて心理面の問題が重要であることは言うまでもないのだけれど、本書は心理学や行動経済学の基礎的知見について、あれこれわかりやすく紹介したような内容になっています。

こうした発想にふれたことがない人には参考になるところも多いし、個々の内容については間違いはなく事実そのとおりと思えることも多いです。が、個人的には見解が反対ということもありました。

全体的に見て紹介されている内容は常識的なことの範囲にとどまり、特に新規性は感じられず、深い内容にもなっていません。文字数が少なく、読み込める内容が薄いです。エッセイ的にあれこれがバラバラと紹介されているような編集もちょっとどうかなという感じでした。そもそも深い内容までつっこんで考えるような書籍ではないのですから、それはしょうがないといえばしょうがないです。

投資と関わっての心理的な課題や行動経済学については、体系的にきちんとまとめられた書籍も別にあるでしょう。

個人的にはオリバー・ペレスの「デイトレード」でも読む方がずっとためになると思います。まあ、名著と比較するのは適切ではないですが・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です