来週の方針(3)IPO

IPOの方は、当初配分のあった4192スパイダープラスの公開がとりあえず無事終了し、とりあえず一服感です。

ここのところ初値水準が当初予想よりも低く、株価も多少の上げ下げはありつつ結局初値水準を維持できないなど、勢いがなくなってきている状況があります。季節でいえば初夏から盛夏をすぎて、すでに晩夏から初秋の気配もというところでしょうか。

来週、月曜から順次また公開になる銘柄があります。オキサイドなど、事業内容的には好みのところもあるのですが、どうも初値買いも躊躇しがちになるところもあります。状況を見つつまた参戦も検討しますが、てかける予定がある時はそれを優先し、スルーとなる場合もありそうです。

ブックの方も、ちょっと取れる可能性が高そうなものがありません。日興のステージはプラチナ復帰で5月以降もプラチナ維持の公算が高くはなりましたが、目先的には当選の可能性が高そうな銘柄がありません。

SBIのポイントも、そこそこ銘柄ならば取れる可能性がある500半ばまでは来ていますが、使うことを検討するような銘柄がとりあえすないです。

状況は注視しつつ、ちょっとお休みという週になりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です