どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話

図書館本。

直接投資の参考となるような新しい発想なり内容というのは特にありませんでした。が、別に間違いが多いとかいうことではなく、著者にとっての「真実」は語られているとは思います。

それより、一人の個人投資家の奮戦記として楽しく読ませていただきました。

読んで改めて思うのは、投資には、たまたま、偶然、まぐれの要素が大きいということです。別に著者が勉強していないとか努力していないとかいうことではなく、そうであっても、投資の結果や成績には、「偶然」のの要素というのはやはり大きいと思います。なので、こうした成功した人の体験談的書籍は「残存者バイアス」が多かれ少なかれあると思います。

逆に言えば、この「偶然」を活かす、生かすことが重要だと思います。また、いい意味での「偶然」に恵まれる可能性を確率的に高めることも大事かと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です