3480ジェイ・エス・ビー 新株式発行及び株式売出しに関するお知らせ

IRのレスポンスが鈍い3480ジェイ・エス・ビーですが、「新株式発行及び株式売出しに関するお知らせ」のリリース。

こちら。リリースの一部↓。まあ、それなりの納得感。

「中期経営計画では、戦略的エリアにおける独自ノウハウを投入した新規物件開発や競争力の高い物件増加を目的として、自社物件開発のため約200 億円の投資を予定しております。
今回の新株式発行による調達資金を中期経営計画で予定されているこれらの設備投資に充当することにより、当社グループの事業領域の拡大及び変化し続ける経営環境への順応を図るとともに、成長投資の加速によりさらなる企業価値の向上を目指してまいります。
また、上記新株式発行と同時に当社株式の売出しを実施することにより、当社株式の投資家層の拡大及び市場に流通する株式の増加による流動性の向上を図ってまいります。」

東証再編のプレミアムの基準には現状では全く到達していなくても、とりあえずプレミアムに残って、経過措置の中でさらに流動性向上などをすすめていく方向でしょうか。

90万株の売出で、これは発行株式の10%程度の水準で、比率としては少なくはないです。が、そもそも発行株式数そのものがそんなに多くはないからこうなるのでので、1株4,000円として、3.6億程度です。この分に加えて、筆頭株主からの株式売出もあり、これらはそれなりに流動性向上には意味があるでしょう。筆頭株主の方は亡くなられた元社長のご家族ですね。少しずつでも、株式の方を放出してもらうのは悪くないというか、そうした方向で今後もすすめていってもらえればいいのかなと思います。

ここは株主還元は総還元性向20%というのが表明されている水準です。自社株買いもしていますが、新株発行で自社株買いというのは、流動性向上の面ではマッチポンプ的。

業績は安定的に拡大してきてはいますから配当性向20%程度の株主還元に戻すとともに、1単位50万円以下でも1:2の株式分割を行うとともに、なにか内容を工夫した株主優待の設定でもあるとよいかと思います。スピード感をもって可能なことはすすめてもらいたいものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です