日本株PF 年初来高値を更新した模様

本日の日本株PFは0.8%程度の上昇でした。これで昨年末からの上昇額は+600万弱となり、これまでの高値だった7/14の水準を超えて年初来高値を更新した模様です。

この期間の上昇率は15.2%で、同期間の日経平均、TOPIXがそれぞれ1.6%、7.6%だったのと比較すると、大型株が中心となっているPFとしてはそれなりに健闘していると思います。小型株で高いパフォーマンスをあげておられる方も多いようですが、こちらは大型株を中心に、そこに中小型株もミックスする形です。

パフォーマンスを牽引しているのはやはり組入比率が過大ともいえる状況になっているキーエンスで、今日も上場来高値を更新しています。他にも好業績を反映して株価が上昇している銘柄がいくつかあります。

株価の動きに合わせて細かな売買はしていますが、PF組み入れ銘柄は基本的には中長期運用の対象で、ここのところは大きく動かすことはほとんどありません。

バランス的にはキーエンスは少しずつ売っていくのがいいのかと思いますが、単元未満株を使っての分割売買になり、買いコストが低いため税負担も重くなります。このあたりが思案のしどころです。同様に、トヨタも9月の分割以降は細かい売買をするようにするかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です