ゴルフ・ヴァリアント 本日試乗(3)車内

ゴルフ・ヴァリアント 本日試乗(3)車内

LEVORG同様に本格的なワゴンということで、後席や荷室は余裕がある広さです。容量的にはゴルフ・ヴァリアントの方が少し上かもしれません。後席を倒せば、かなり広いほぼフラットな空間が出現し、足をのばして寝ることも十分にできそうです。マットと寝袋でもあれば車内泊も可能でしょう。

あと、特徴的なのはメーターとかナビ関係です。ハンドル奥の通常はスピードメーターがある位置は、ナビの画面も出ますし、様々な情報表示の画面に変更できます。また、その色彩もパソコンの背景色を変更するような感じであれこれ変えることができます。ここらのデジタルコックピットの仕組みは最新のなかなか優れた、かつ面白いものだなぁと感じました。

シートはR-Lineだとさらにホールド性がやや高いものになるようですが、基本的に柔らかすぎたりすることなくしっかり感があり、色も黒をベースにした落ち着いたものでよいです。

基本的にこの車は大きな弱点というようなものがほとんどないです。車内空間はそんなに豪華さはなく、シンプルでスッキリしたものとなっていて、上質さの演出のようなものはそんなにないですが、それが一つの「主張」になっているようにも感じました。

これで大型のサンルーフと高音質オーディオがつけば、さらに楽しみは広がるでしょう。

あとは条件次第ということで価格がどうなるかということになりますが、 候補としてはこれは残さざるを得ません。というか、車としてはいいので残したいということです。これはLEVORG STIと同じです。

これで主要な購入候補の車の試乗はほぼ終了しました。

ここからはカローラクロスがもうすぐ発表になるので、その実車を見せてもらって、可能であれば試乗するというのが入るかもしれません。また、BMWの3シリーズのワゴンの24時間試乗というキャンペーンに申し込んでいるので、これでBMWの試乗があるかもしれません。さらに、ベンチマーク的にAUDIのA3スポーツバックかA4AVANTに乗せてもらうことがあるかもしれません。

せっかくの機会ですので、あれこれ乗ってみるのもいいかと思いますが、これらは多分、購入候補にはあがってこないと思われます。

カローラクロスは走り的にはそんなに特筆すべきものはなさそうですし、BMWとAUDIは価格がまた一段高くなり、それに見合う価値までは見いだせないように思うので。

ということで、次回は、ここまでの試乗と今後の展望について整理しておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

試乗のまとめ