来週の方針(3)IPO

IPOの方ですが、日興で100株優遇当選していたワンキャリアについては初値売却で若干の利益を確保しました。ここまで、今年のIPO関係の利益は上記のように+185万程度となっており、なんとなく到達目標としている月間10万、年間120万の利益目標の1.5倍の水準となっています。今年の最終の利益目標は当初の倍の240万にしましたので、そこまではまだ55万ほどあります。

それはいいのですが、初値水準は渋め、それにもましてセカンダリーのところでの勢いというのがどうにも感じられず、IPOマーケット全体がどうにもしょぼい状況に陥りつつあります。来週は仮条件下限で決まった大型のPHCHDの上場も控えていますが、これでさらに雰囲気が悪化したりしないといいのですが・・・。

セカンダリーだけ考えるなら、公募割れするかどうかは問題ではなく、スキャルピング的売買であれば初値後に若干の上昇があればいいのですが、ここのところはそれすら見込みにくくなっている状況で、悪循環的な状況に陥らないか、不安感が大きくなっています。

いい感じでIPO繁忙期の12月につなげてほしいところですが、こちらでどうこうなることでもないので、そう願うだけです。

ここから先、明らかになっている銘柄については、とりあえずすべてブック参加はする予定にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です