BLUE/ブルー

BLUE/ブルー

WOWOW録画から。

ボクシングというのは映画になりやすい。

松山ケンイチ、木村文乃、柄本時生、東出昌大の配役が、なんというか、そのまんま、はまった役です。

「ロッキー」の一作目で魅力的なのは亀に話しかけるしょぼいイタリアの種馬だったりするのに似て、全然強くない松山ケンイチがとても魅力的に見えます。

東出も十分存在感があって、よかったです。

最後、話をどこにもっていくかで「ロッキー」とこの作品は全然違いますけどね。

好きな一作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です