D-room査定 野村不動産

野村不動産に依頼していたD-roomの査定調査報告が届きました。

あれこれ書いてあって、定性的評価の部分などはぼ納得の内容でした。

で、評価額ですが・・。

「アグレッシブ」「ミドル」「コンサーバティブ」の前提というか意味がよくわかりませんが、まあ、6,180万程度では売れるかなという感じです。

借入金残高はまだ3,000万ほどありますが、まあ、そこそこの資産価値というところでしょうか。

さて、これでアマゾンギフト5,000円をもらえるのかな。

D-room査定 野村不動産” に対して4件のコメントがあります。

  1. 桃ひろ より:

    これって、営業の電話とかが結構かかってきそうですね。
    野村不動産は同じ様な価格見積もりを昔一回利用しました。
    その時は、本当に売却しようと思っていたので、特に電話がかかってくる事にしし支障は無く(むしろ電話を待ってました)、そのまま無事成約となり、なんかをもらった記憶があります。
    amazon5000pは大きいですが、営業電話が鬱陶しいですね。

  2. 伏見の 光 より:

    単にamazon5000p狙いですが^^;、およその評価額がわかったのはよかったです。

    営業電話はとりあえずなくてメールのやりとりぐらいなので、とりあえず対応がうっとおしいこともないです。

  3. はる より:

    プライベートな部分ですが、

    建設より、資産価値が上がっていましたか?

    私も先日自宅マンション査定しましたが、
    10%程度上がっててビックリしました。

  4. 伏見の 光 より:

    騰ってないですね。どうだろう、10%程度は下落でしょうか。
    ダイワハウスなので、建築コストは割高なんでしょう。その分、ブランド的な価値なり安心感はあると思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。