CX-30(4)フロアマット、ラゲッジルーム

今日はこれからまたリハビリ通院です。

フロアマットですが、こんなタイプのものを選択しています。

リアのトランクも同様まタイプ。

いずれもMAZDA純正のオプションです。

オールウェザーマットラゲッジオールウェザーマット。純正のオプションは、いずれもカタログに書かれている価格だとかなり割高です。が、実際にこの価格で買うわけではなく、アマゾンなどでサードパーティーの各社が出しているものと価格や内容を比較した上で値引き交渉もして購入を決定しています。

普通の化繊の毛のタイプだと、洗っても細かい砂などが取り切れず、汚れが繊維にしみいってしまうようなこともありますが、このタイプであればザッと水洗いでき、泥のついた靴などでの乗車もさして気になりません。ラゲッジルームの方も少し濡れたものなどもおけますし。

後ろのゲートをあけたところですが、前車のアクセラと比較して、そんなに奥行きが広いということはありません。が、上下幅は今までよりも大きいものが楽に入れられます。これまで18リットルの灯油の入れ物は後席のフロアにおいていましたが、今度はラゲッジルームに支障なくおさまりました。ただ、あれこれここに物を積みっぱなしにしないことが必要ですが。

リアゲートはリモコンキーの長押しで開きますし、閉じるときはリアゲートのボタンを押せばよいので楽です。閉じるのは下の画像、リアゲートを開けたところについているこの右側のボタンです。まあ、最近では普通の装備ですが、これまでなかったものなので、なにかありがたい感じがします。

さて、ちょっとでかけてきます。オートバックスでタイヤ保管用のカバーも見てきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です