CX-30(5)指示器、ハザード ぽわん

リハビリの帰りに道中にあるオートバックスに寄って、タイヤ保管用のカバーを買ってきました。

ノーマルタイヤは屋外のベランダにおいているので、日光とか雨などを避ける意味でカバーをするようにしました。

通常はこんな感じの駐車になります。壁からはすこし隙間をあけてとめています。これなら、リアゲートをオープンしても大丈夫です。

この画像でも前席ドアのS字形の映り込みがわかるかと思います。

あと、リアの造形、ガラスの角度などは前者のアクセラに似てますね。やはり、本格SUVというよりも、5ドアハッチバック的な雰囲気がある車かと思います。

このリアの斜めのガラスウィンドウ部分は広さもそんなにありません。そのため、バックミラーでの視界はあまりよいとは言えないですね。

ただ、本家のMAZDA3はイメージとしてはやや造形の美しさにふりすぎたようなところがあるように思え、総合的な使い勝手はCX30り方がよさそうな感じがします。

こうして見ると、なんということはない特徴があまりない造形のように見えますが、トヨタの最近の車のようなギクシャク感はなく(←トヨタはわざとなんでしょうけど)、スッキリまとまったオーソドックスなよさはって、その中に美しさもあるように思います。

あと。これです、蛍のようにぽわんと光る指示器。わかるでしょうか。パッとついたり消えたりではなく、じわっと光り、じわっと消えます。

外側の指示器やハザードも同様に光るのですが、スマホで動画を撮るとチカチカと点滅しているように見えてしまいます。

またうまく実際の雰囲気がわかるように工夫して撮ってみます。

あ、1月末には一泊で淡路島へ、2月末にはまた一泊で蟹を食べに越前へ行く予定となりました。コロナの状況がさらに強烈にひどくなってきたらキャンセルの可能性もあります。なんとか行けるといいのですが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。