来週の方針(3)IPO、株主総会、書籍、確定申告準備

来週の方針(3)IPO、株主総会、書籍、確定申告準備

IPOの方はとりあえずブックを入れていくだけです。今週は新規のブック対象銘柄はありません。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは延期になりましたね。どうなのか、賢明な判断といっていいのか。そのままブック開始なら、三菱については回避したと思いますが。

あと、今週は地元での株主総会が2社あります。コロナ蔓延下ではありますが、とりあえず両社とも参加予定です。一応、質問も用意しています。また参加できましたら報告します。

書籍の方は、今は直接株式投資関係のものは手元にありません。あ、中国株二季報が来たので、パラパラと保有銘柄のところなどはながめていますが。

そろそろトレーダーズショップモニターの当選でもあるといいのですが・・。

図書館本では下記などが読めていない状態でおいてあります。

あと、今週から確定申告の準備の損益計算を開始します。昨年の損失繰越額がそれなりにあって、去年の確定申告の利益だけでは相殺しきれません。なぜ損失繰り越しがそんなに出るかというと、これはPFの銘柄の売買によるものではなく、優待クロスの信用取引での配当金相当額支払い分が損失として計上されるからです。多くの銘柄での優待クロス取引をしていればこういうことになります。

で、あとは配当関係ですが、支払い調書については多分全部ダウンロードして印刷が完了しました。配当関係は所得税の方では配当控除をとって、住民税の方は申告不要とします。住民税の方も所得税と同様の対応にしてしまうと、信用クロスで入ってきた配当金がそのまま所得として計上され、健康保険などの保険料の料率区分等にはねかえってしまいますので、これを避けるという意味があります。実際、優待クロスでは配当の収入があるわけではないですからね。また多分、相応にこの配当控除による還付があることと思います。まあ、その最終の計算に行き着くまではまだまだですが・・。はー、めんどくさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。