「みずほ・三井住友「仕組み債」販売制限 顧客の損失懸念」だそうですが・・

日経を見ていたら「みずほ・三井住友「仕組み債」販売制限 顧客の損失懸念」という見出しの記事がありました。

まあ、「いまさら」感がありますが、方向としてはよいし、早めにこの形の商品はやめたらいいのにと思います。

基本的に、これ「債券」が本質の商品ではなくて、だいたいオプションの売りを高利回りの原資にしていて、しかも、そのすべてを顧客に返さない。リスクは顧客に転嫁。やらずぶったくりで商品の詳しい設計の説明も明白にされない、どれだけ証券会社が利益を取るかも明らかではないでしょう。まあ、ひどい商品、売る側にとってはおいしい商品という他はないです。

で、大和へログインしてみると、またこれです・・・。

そもそも、運用に詳しい人はこんな商品は選択しません。いったい誰にどう売りつけたいのか・・・。

オプションはオプションとしての意味があります。私もですが、仕組みはそれなりに理解しても実際には利用できていない投資家も多いでしょう。

だったら、「○○債」とか言わずに、保険代替の「オプション・リカバー」とか、一発、捨て金で大儲けをねらう「オプション・ビック」とかを作ればいいと思います。

コストが安ければ、利用する人はそこそこあるんじゃないでしょうか。

とにかく「仕組み債」はもうやめたらいいのにね。おいしいからやめられないか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。