保有銘柄四季報チェックとコメント(2)9434 ソフトバンク

保有銘柄四季報チェックとコメント(2)9434 ソフトバンク

保有銘柄について保有時価評価額順にチェックして書いておくことにします。

9434 ソフトバンク

【保有株数】1,900

【株価および時価評価額】1,492円 3,133,200(2022.9.18)

【時価評価損益】買いコスト1,575円 -153,900円

【四季報から】
堅調とのコメントで配当維持。通信のソフトバンクにPayPay、yahoo関係も。

【投資判断】ホールド 但し、必要があれば売却も

【コメント】
ファンドではなく、通信の方のソフトバンク。

IPO時は申し込んだだけ配分がある状態。公開後、株価は軟調で一部損切りの売却をしたため、公開価格より買いコストが高く、時価評価では含み損。

但し、年86円配当程度をNISA非課税口座で受け取っているため、実質は若干のプラス。

特にここに大きな期待をしているわけではないが、面白いのはここのベータ値が0.07と極めて低いこと。個人に大量に配布されたこともあってか値動きが指数とほとんど連動しない、相関しないというベータ値。こういう銘柄がPFにあると、リスク低減には「役に立つ」ところがあります。

時価での配当利回り5.76%。時価評価額が大きめだが、感覚としては「株式」というより、高利回りの「債券」に近い感覚で保有。必要があれば売却される可能性は高いが、現状、そうした状況は考えにくい。

なお、個人的にはヤフオクをずっと使いプレミアム会員であることもあり、スマホはauですが、結構ソフトバンク陣営に取り込まれてはいます(^_^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。