京都西山 竹林、クリンソウ、山藤

昨日は、案内してくださる方があって、京都・西山の里山を少し歩いて、摘んだ山菜の天ぷらをその場でいただいたりしました。アップダウンもそんなにない、1万歩ちょっとぐらいの移動でしたが、それでも今日は背中がちょっと張ってます。運動不足・・・。

朝、自宅ベランダから下の川を見たら、鴨のつがいが来ていました。

鴨はまれに来ますが、水深も浅い小さい川で餌になるようなものもそんなにないと思われます。しばらくしたらとびたっていきました。

で、西山。場所は(天下分け目の)天王山とか、サントリーの山崎蒸溜所の近くです。

このあたりは全国でも有数のたけのこの産地です。竹林は放置しておくと竹が密集してひどい状態になったりしますが、たけのこを採る竹林は丁寧に手入れがされています。

クリンソウです。日々、管理をしておられる方があるということでした。少し水の流れのある場所に咲いています。信州の戸隠で見た時も同じような場所に咲いていました。

西山の奥の方を見ているところです。正面の山にお堂がいくつか見えているのですが、善峯寺(よしみねでら)というお寺です。

山藤がきれいに咲いていました。

西山には溜池がいくつもあります。その岸辺で、大きな木にまきついて、高いところまで花が咲いていて美しかったです。

山菜は、ワラビ、ユキノシタ、ヨモギ、タラノメなど。既に長けていてそんなにいい状態のものは少なかったですが、その場で天ぷらにしていただいたので、とてもおいしかったです。

またコロナがあけたら、大山崎山荘美術館とか天王山などにも行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です