来週の方針(3)IPO

来週の方針(3)IPO

さてと、6月IPOです。

当面の予定

雨後の筍状態で、ニョキニョキと新規銘柄の発表があります。ただ、ブック期間となっている銘柄はまだ少ないです。

最初のメイホーは全スカでした。現在ブックのワンプラ、テンダも株数が少なく、当初当選は期待薄です。が、無論、ブックは入れています。

あと、来週はみずほ主幹事の2銘柄がブック期間になります。7370 Enjinと7371全研本社。これも主幹事をはじめ可能なところは普通にブックは入れます。

ここから後がにぎやかになつてきます。個別にはまったく検討等はできていません。まだする必要がないということでもあります。

体制を整える

来週は繁忙期を前に、ブック参加が可能な体制を整える週になりそうです。まず、各社の口座にブック可能な資金の配分をしておかないといけません。

野村のネットのように事前に資金を入れておく必要がない口座はまれで、多くは事前にブック可能な資金を入れておく必要がありますので。

5月優待取得が終わって、特定の証券会社に資金が偏在しているような状況となっています。これをブック参加する各社に散らしてブック可能な体制を整えておくということですね。

細かく言うと、例えば、CONNECTは資金が入っていなくてもブックは入れられます。ただ、抽選時にその分の資金が入っていないと抽選対象にはなりません。そうしたところも意識しておきたいです。

日興のプラチナ維持

日興のプラチナ維持のポジジョンはどうなっていたでしょうか。

3月  6,611万
4月  6,330万
合計 12,941万

6月プラチナ達成のために必要な5月末の条件
15,000万-12,941万=2,059万

ということになっています。

今だと

ということなので、この達成そのものは特に問題ありません。

大和にあった株式を日興と楽天に移管をした結果、日興のプラチナと楽天の大口適用のための信用ののポジジョンは現金をバタバタと動かさなくても、それなりに簡単に達成できるようにはなっています。日興の方はコストがかかりますが。目先のプラチナ達成は十分可能ですが、ここは現金をプラスして、さらにポジジョンを大きめにとっておいた方がいいかもしれません。ここは検討。

6月、日興が主幹事で有望そうな銘柄がありますかね。5759日本電解が主幹事ですか。うーん、地味かな。だけど、そこそこ株数があり、ものづくり系で嫌いではないかも。また直前に検討します。

SBIのポイント

あと、SBIのポイントですが、600弱程度までは来ています、あ、家族口座開設でのポイント追加は写真不鮮明だったかで戻ってきたその後の対応を放置したままですね。

SBI主幹事の銘柄はわりとありますが、この600弱というあたりは微妙で、無条件で品薄の銘柄でも取れるようなポイントではなく、逆にそこそこ銘柄であればそれなりにポイントで取れる可能性もあるというあたりでしょうか。

早くポイントを使ってそれなりにでも利益を確保しておきたいという意識もあり、しょぼい銘柄で失敗したくないという意識もあり。ここらもまた個々の銘柄で判断していきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です