秋の比叡山へ(2)

根本中堂の上の大駐車場に車をとめて、根本中堂の方に向かいます。

まず国宝館を見学。信長の焼き討ちなどがとりあげられていました。信長が焼き討ちしたのは、単に延暦寺が武装勢力として大きな力を持っていたということだけでなく、浅井・朝倉の手助けをしていたということも理由のようです。

後ろの白い部分は寄進をした人の名札がはめられています。ここから根本中堂の方に向かう道沿いには最澄や鎌倉新仏教の開祖の人の伝記のような、紙芝居的看板が連続してあるのですが、その一つ一つも延暦寺と関わりのありそうな企業等が寄贈しています。

逆光で一見そこそこきれいなのですが、よく見ると葉っぱが縮れているものが多いです。

鶴喜そばがお店を出しています。湯葉のそばなどをいただきました。

ということで根本中堂へ向かいます。ここは長期の大修理の最中。お堂全体がまた建物で覆われています。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です