ポートフォリオ組入銘柄シリーズ(6)2471エスプール その1

ポートフォリオ組入銘柄シリーズ(6)2471エスプール その1

きっかけ

エスプールは現在、保有1,700株。既に売買により買いコストはマイナスになっているため、「ただ株」状態になっています。

初めて購入したのは2017.9で、きっかけは日本証券アナリスト協会のIRセミナーで話を聞いたことからです。

大阪でのこのセミナーがきっかけで購入した銘柄は3804システム ディ、7638NEW ART、7192日本モーゲージサービスなどいくつかあります。

直接あれこれ話を聞いて質問もさせてもらいながら、投資対象の企業を「発掘」するのは、私にとってはかなり意味のあるエンターティンメントとなっています。それが成果につながればもちろん嬉しいですし、あれこれ見誤ったり、 思った形にならなくても、それはそれで勉強にはなり、血肉となるところもあると思っています。

これはわりと株式投資の本質、まあ、トレードを本質としてとらえる場合もあってそれは人そぞれでしょうか、みたいなところとつながっていて、これはインデックスファンド投資とか、細かいデイトレとかとは違う個別企業への投資、インベストメントの楽しみと深くつながっていると思います。個人的にはこうした株式投資の楽しみ方が広がるといいと思っています。

なお、エスプールは毎年、この同じ日本証券アナリスト協会のIRセミナーで話をしてくれていて、3回は社長の浦上氏の話を聞かせてもらっていますが、話の内容も社長のキャラクターもなかなか魅力的です。今年はコロナ云々もあるので、セミナーそのものが中止になったり縮小になったりしているので、開催が危ぶまれますが、機会があったら話を聞いてみられたらよいかと思います。セミナーではだいたい毎回質問等もさせてもらっていますが、直近だと「当社の株主様ですので・・・」(あまり一般的ではない細かい質問です・・・)とか言われてしまう始末・・^^;。システム ディの社長さんのように個人としてこちらを認識していただいているかどうかはわかりませんが・・・。

株価の大まかな推移は下記のようになっており、赤丸のところから買っていますので、これは保有を継続していれば当然それなりの利益はついてくることになります。

「わかる」ことは強み

ここでまず注目したのは、障がい者就労支援の事業です。他の事業セグメントについても、単純な形ではなく、顧客企業の課題解決につながるようなひとひねり、ふたひねりした形での事業をてがけているなという印象はあるのですが、障がい者就労支援の事業については、私自身が長く特別支援学校で仕事をしていて、障がいのある人の就労の難しさや課題、支援のあり方などについては、自分が直接こうした分野に携わっていたわけではないですが、色々と話を聞かせてもらったり資料を見せてもらうような機会もあったので、事業のイメージを持ちやすく、その意味や本質などについても理解がしやすかったというところがあります。

個々それぞれのおかれた立場で、自分であればこのことはわかるとか知っている、それも相応に深いというか表層的な理解ではない本質と関わる部分について知っているということがあったりすると思います。それを企業の利益とか成長ということと関連付けて考えることができると、投資の大きなヒントになる場合があると思います。

私の場合、エスプールについてはそうした事例になったかなと思っています。

これは既に他のところでも同趣旨のことを書いています。こちらで、億近の山本氏にもほめていただきました。下記が以前に書いた内容です。ちょっとこれを再度見直してみます。

http://blog.goo.ne.jp/fusiminohikaru/e/156df4b00d59523aa5dcf0e39ff5e2d1

http://blog.goo.ne.jp/fusiminohikaru/e/2a2dc3adb96d8fa053763ad90f37fd17

http://blog.goo.ne.jp/fusiminohikaru/e/f2eb74f80a863aafbba5044d14024b1f

つづく。

このシリーズ↓

ベスト10ぐらいまでの銘柄 赤字は既に記載したもの。

01 6861キーエンス 600
02 9434ソフトバンク 300

03 8876リログループ 220
04 2471エスプール 125

04 3480ジェイ・エス・ビー 111
04 5384フジミインコーポレーテッド 110
04 7203トヨタ 105
04 9602東宝 102

09 4502武田薬品工業 76
09 6235オプトラン 77
09 6645オムロン 75
09 4503アステラス製薬 70
09 3804システム ディ 69

09 6594日本電産 62

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です